宮沢賢治の世界 ―野口田鶴子ひとり語り―

今年の賢治祭(9月21日)にご招待され、朗読をされることとなりました野口さん、22日は大槌に立ち寄り、ベルガ―ディア鯨山「森の図書館」にてひとり語りをされることになりました。

野口さんとは2016年からのお付き合いで、宮沢賢治イーハトブ奨励賞を私が15年に受賞し、野口さんが16年に受賞しました。その際、副賞に頂いた賞金全額を自分は使い道がないから,大槌宮沢賢治研究会で使ってくださいと寄付されたのが契機となります。丁度、研究会では大槌と関係のある憲治の詩碑を建立する計画があり、申し出を有難く受け入れました。それがご縁で研究会の会員にもなり、今回の朗読会にこぎつけたわけです。

賢治さんの縁は不思議なもので、以前には京都の浜垣誠司(ブログ宮沢賢治と詩の世界)さん。大槌と詩「旅程幻想」の関わりを私のブログで発信したところベルガ―ディア鯨山をたずねられ、研究会の会員になられています。

また、今年8月25日「盛岡宮沢賢治の会」16名がベルガ―ディア鯨山を訪れています。その中に、2018年の宮沢賢治奨励賞を受賞した森三沙さんがいました。帰りがけに「私も大槌の研究会に入れてくれ」と話され、会費まで払っていかれました。うれしいですね!

今後、どのような展開になっていくのか皆目見当が付きませんが、何かワクワクする気配を感じます。とりあえずは22日の野口田鶴子さんのひとり語りを皆さんと楽しみたいと思います。

日   時:2019年9月22日    PM16:00~17:00

場   所:::ベルガ―ディア鯨山 森の図書館

プログラム; 祭りの晩、無声慟哭3部作、ちゃんがちゃがうまこ、暁穹への嫉妬、旅程幻想

入 場 料:無料