最良の季節を迎える

新緑の季節を前に花が一斉に咲きだしました。

水仙、チューリップ、ムスカリ、芝桜、イベリス、アジュガ、梅、桜、桃等など多少の前後はあるものの赤,黄、白、青、紫、緑、桃色のグラデーション、暖かな日差しそれらの中に立っていると自然と笑みがこぼれてきます。近くでウグイスが鳴いています、なき方からすると大分前からなき始めていることが分かります。

六月になり緑が濃くなる前、五月の新緑の頃が海と空の青さに映え清々しく、広々とベルガーディア鯨山ガーデンが一番美しく、地図にない田舎を感じさせる瞬間です。

しばらく振り心配したぞ!

11月24日朝、金魚に餌をやりに池に行くとスージとトップが約4ヶ月振りに帰っていました。悪びれた様子も無く、名前を呼ぶと寄ってきました。昨年も戻ってきたのが10月31日でしたから1ヶ月近く遅い里帰りです。一昨年、雛を猫に殺られてから子育ては他所でしているようだ。雛がそだってから戻るようで、安全を確認して子供たちを連れて来るのだろう。

スージ、私、ケリーのひとコマ。

ケリーは、カモの餌パンをくすねることはあっても決してカモたちをいじめたりはしません。

ベルガーディア鯨山の紅葉

フロントガーデン、アプローチ前の雑木林。沿岸地域は、比較的暖かい為に秋の紅葉はいまいちです。

又、樹木によって紅葉にズレが生じ、一斉に鮮やかな色を望むことも無理なようです。でもまぁなんとか見られますか?

頭の良い奴

レモンカナリヤのメイちゃん元気回復にとミルワァーム(虫)を与えました、見ていると足で押さえ嘴でちぎって食べます。しかし、鳥ですからすぐ忘れ、足元の虫を落としてしまいます。落とした虫は網がじゃまして食べれません。

3週間ほどすると、「ええっ?」虫をくわえ餌箱の上で食べています。これだと落とすことは有りません、一匹まるまる食べることが出来ます。メイちやん知恵あるネー。