著書「風の電話」朗読CD化岩手県に依頼される

去る、10月13日公開した「釜石視覚障がい者福祉協議会ベルガ―ディア鯨山に集う」で紹介しました中の一人、幹事役の小笠原さんから電話連絡がありました。「今回の会はとても楽しかった。今までのただ説明されるだけでは良く解らなかったことが、今回はいろいろ比較して頂き違いが理解できましたありがとうございました。それから、今日中村会長から岩手県の担当課に風の電話の本を送り朗読CD化をお願いしました」と云う内容でした。

彼らたちの気持ちに寄り添うことができ私もうれしくなりました。それにしても私の著書「風の電話」が朗読CD化されることにより、より多くの方々にベルガ―ディア鯨山での活動が理解され、誰にとっても優しい社会になればいいと思っています。

優しさとは、耳の聞こえない者も聞くことができ、目の見えない者も見ることができる言葉なんだ(マーク・トウエン)

絵本「かぜのでんわ」点字翻訳本 寄贈される

去る9月6日、青森県より八戸聖ウルスラ学院中学校副校長 津田健三夫妻がベルガ―ディア鯨山を訪れました。奥さんの圀子さんは普通学校の教師をしていましたがある年、盲学校に転勤願を出し2年程盲学校で教鞭をとっていました。 その間、点字を猛勉強したといいます。その後、普通学校に戻り年満退職を迎えました。

絵本「かぜのでんわ」が14年に出版された時から点字翻訳を思い立ち、何度も失敗しながらようやく完成させました。その点字絵本を森の図書館に寄贈したいと八戸から列車を乗り継ぎ4時間以上もかけ届けたのでした。

圀子さんは、「盲の子供たちは非常に精神力が強い」と自らの体験を話していました。穏やかな津田ご夫妻との語らいは楽しく、心癒されるものがありました。

線のつながっていない「風の電話」が多くの人々の想いの中でつながっていると思える時が良くあります。9月19日、釜石市の視覚障がい者の小笠原さん(1年ほど前に訪れる)より電話があり、10月8日に視覚障がい者のイベントとしてガーデン内の散策を実施したいという連絡をいただいた。当日は、「視覚障がい者10名と付き添いの健常者10名の計20名で行きます」と言い、点字本の絵本「かぜのでんわ」の話をすると「自分で読むのをとても楽しみにしている」と話していました。

当日は誰と、どんな出会いになるのか楽しみにしています。尚、出会いに関心をお持ちの方はどなたでも参加し楽しんでいただきたいと思います。

「風の電話」Oculus Rift(VR専用のインターネット)撮影に入る

米国、ディスカバリーチャンネルに勤務していたトーマスとバリー、自分の意図する作品を創りたいと独立し、[yes Please Thank You] という会社を設立した。

米国、Oculus社が開発・発表しているVR(バーチャルリアリティー)向けヘッドマウントディスプレイに映像を供給するのだと話しています。米国では2016年一般向けに発売された。100万台が、2017年には500万台に急成長している分野だという。

「風の電話」は、事件・災害の報道と異なり、大切な人を亡くし、心のケアに使われている「風の電話」がVRで本来の役割を果たすのだろうか疑問があった。「場」の力というものがあり、その場にたたずみ、周りの空気や風、匂いや音を感じること、トータル的な力で「癒される」と感じるのだと考えている。それらの結果としてグリーフを抜け出すきっかけになっているという部分がドローンによる360度VRで表現できるか否かを危惧した。

しかし、世界中に悲しみを抱え、苦しみ悩んでいる人たちは大勢いる。現実的に「風の電話」に来れない人たちがほとんどだろう、それらの人々がVRでも悲しみを癒し、グリーフから意識の向け換えが出来「生きる」という力になればと思い撮影に協力することにした。

11月ごろには完成し、Oculus Riftインターネットでの公開予定。楽しみにしています。

「風の電話」本になる

著書 「風の電話」 大震災から6年、風の電話を通して見えること。

「風の電話」は何故つくられ 何を見聞きし 何を考え そして何処へつながっていくのか。

「風の電話」は、今日まで多くのメディアに取り上げられ紹介されてきましたが、いづれの記述、映像も一部の側面の紹介に終わっているという思いがありました。その為、報道内容にはいつも「違うんだよなー」という不満をを感じていた。また、誤った認識のまま「風の電話」を訪ねたり、オファーを出してくるメディア関係者も多くあった。このままではいけないと執筆を始めて1年、ようやく出版することができました。

電話線が何処にもつながっていない風の電話に、6年間で25,000人もの人達はそこで何をしていたのでしょうか・・・・・皆さん電話をかけているのです。遺族と亡くなった人の思いをつなぐ「風の電話」のなりたちから現在までの活動をありのまま伝えなければという思いで執筆しました。

本書 推薦者の矢永先生(慶應義塾大学 臨床心理士)は、「長年大切な人を亡くした遺族の気持ちに携わる心理職の仕事をしてきたが、『風の電話』に立った時、言いようのない深い感動が心の底から湧き上がってくるのを感じていた」と証言しています。

それらの感動は何処から来るものなのか、何故「風の電話」で癒されたと感じるのか、それが何故グリーフワークを抜け出すことにつながるのか本書は1つの答えを示唆してくれると思います。何故「風の電話」なのかと疑問をお持ちの方、是非いちど手に取って読んで頂きたいと思います。

大槌の一頁堂さんでは既に販売していますが、全国の本屋さんでの販売はお盆明け、8月24日ごろになります。

「心」の著者 姜尚中さん「風の電話」を訪ねる

姜尚中さんの著書「心」とサインして頂いた「森の図書館」の本

「風の電話」ボックスから出る姜尚中さん

「風の電話」前で記念撮影

テレビで見る印象とは違い気さくに話かけられるので、私も著名人という感じでなく、ついおしゃべりをしてしまいました。

私に合い彼曰く、「自分を見ているようだ」 痩せてスマートなところがそのように感じられたのだろう、いくら食べても太らない体質なのだそうです。

今度は奥さんと一緒に来ると言って帰られました。次作に何かヒントを得られたでしょうか、期待しています。