「風の電話」倒壊の危機に

東日本大震災から7年、愛する人を失った遺族や大切な人を亡くし喪失感を抱えた人たちの心の支えとなってきた「風の電話」が腐食倒壊の危機にさらされています。

元々屋内用で木製の電話ボックスにペンキ塗装し、屋根をかけて屋外で使用しているため無理があります。また、基礎コンクリート打設はしているものの周囲の湿地環境は木製ボックスには条件が良いとは言えません。

「風の電話」は2015年の1月に木製固定部分の腐食と強風により倒壊し、地元ボランティアの応援で再び立ち上げられました。その時は、腐食した部分を切り取り新しい材料を継ぎ足して再生したのですが、あれから3年また同じ状況が懸念されるようになってきました。

そもそも「風の電話」の構想は、街角にあったNTTの電話ボックスを見た時にガーデンオブジェとして使えたらと思ったことに端を発しており、屋外に設置するものは耐久性を考慮すればアルミ製でなければならないと考えていました。ある時、釜石のホテル前で撤去していた白い格子のアルミ製電話ボックスを譲ってくれるよう交渉したのですが、スクラップ化するということで手に入れることができなかった経緯がありました。そのような事情から木製ボックスを使っている状況になっています。

過日、英国の象徴である赤い電話ボックスが携帯電話の普及で利用者が減少し各地で撤去される中、小さなカフェや図書館などに改装して残そうとする取り組みが広がっているという記事を見ました。設置主体の英ブリティッシュ・テレコム(BT)が希望する自治体や企業に売却するサービスをしているのだそうです。これを見て日本企業との考え方、また大きな意味で、古い物でも良いものは大切に利用するという国民性の違いが表れていると感じました。ガーデンでもそうですが、日本でイングリッシュガーデンを一生懸命真似てガーデンづくりをしても、英国人の「物を大切にする」「古い物でも大事に使う」「自然の姿を尊ぶ」という精神を理解しないでつくっても、単なる真似事にしかならないのです。イングリッシュガーデンもどきにしかならないと分かります。

話がわき道にそれましたが昨今、世界中で大災害、紛争、テロ、事故により多くの人たちが犠牲になり、深い悲しみを抱えている方々も大勢いる状況にあります。大切な人を失う喪失感や悲しみは世界中の人たちに共通しています。そのような現状から「風の電話」は世界各地から共感を得て多くの人が訪れています。人の持つ感性や想像力また、電話ボックスやその場の雰囲気、音、匂いまでも含めその「場」の力が大切な人を亡くした喪失感を癒してくれるのだと思います。今なくすわけにはいきません。

しかし、電話ボックスが今、腐食倒壊の危機にあります。日本国内にもまだ、NTTのアルミ製格子造りのクラシカルな電話ボックスが残っている地域があると思います。取り外す予定或いは、取り外しまだスクラップ化されていない物がありましたなら是非譲っていただきたいと思います。ご連絡をお待ちしています。

連絡先:佐々木 格 0193-44-2544

 

 

 

7年前のあの日

7年前のあの日、多くの人たちが犠牲になった。誰も望んで亡くなった人はいないだろう。もっともっと何とかして生きたかったはずだ。だから最期の最期まで生きる努力をしたのだろう。しかし、叶わないと知った時、家族の無事を祈って逝ったと思う。また、遺された家族も最後に一言、言葉をかけてやりたかったはずです。しかし、その願いも叶わず一人旅立たせてしまった。

なぜ、臨月まじかの妊婦が犠牲にならなければないのか。なぜ、生後間もない赤ん坊が母親の手から奪われなければならないのか。なぜ、結婚式をまじかに控えた二人が波に飲み込まれなければならないのか。なぜ、ランドセルを背負い入学式を楽しみにしていた子供が犠牲にならなければないのか。なぜ、家を新築し鍵の受け渡しをしたばかりの人が犠牲にならなければないのか。それぞれの人たちは幸福の絶頂にあったのだが一瞬でその幸せが奪われてしまった。

あの日、町が壊滅状態になった。多くの遺体が仮安置所に並べられた。寒い年で路地の草花もまだ咲いていなかった。安置所でブルーシートにくるまれた遺体は何の供養もされないままただ並べられていた・・・・。2週間後ぐらいに寒さに首を縮めたような花丈の短い水仙がガーデンに咲くようになった。コップに水仙数本とネコヤナギを入れ、妻が安置所に置いた。3:11が来ると水仙の花と涙と共にあの日を思い出す。

東日本大震災から7年「風の電話」で想いをつなぐとは

「風の電話」は、逢えなくなった人に想いを伝える電話です。家族や友人や恋人であった人と、もう一度心を通わせてもらえたらという願いを込めて創られました。亡くなった方とつながることが出来るという想いが、遺された人に夢や希望を与え生きる力になります。電話線はつながっていません。「つながっていないからこそ想いはつながるのかも知れません」それが、心の持つ想像力であり人の持つ力なのです。

想いをつなぐとは。

あなたは、少し前までお話をしていた愛する人が突然亡くなり、この世からいなくなることを想像したことがありますか。失われた生命はどんな手段や努力を以てしても取り戻すことは出来ません。そして、亡くなったのだから後はその人とは想いをつなぐことはできないのだとなると、遺された人たちにとって残るのは絶望感だけです。しかし、亡くなっていてもあなたの身近なところにいて何時でもつながることが出来るという希望の光を見つけることができたなら、生きていく上でどれほど力づけられるでしょうか。また、あなたはそうした感性と想像力が必要なことなのだと理解できるはずです。

それと同時に遺された人たちが死者に寄り添うことで、自分が生者として今を生きているということを実感されるでしょう。そして、亡くなった方が自分を見守ってくれているという安心感が大切な人を失ったグリーフからあなたを癒してくれると思います。これが、想いをつなぐことなのだと思っています。

絵本かぜのでんわ~「風の電話」へ

先日、外国の作家の方が「風の電話」のことをポッドキャスト(インターネット上で音声や動画のデーターファイを公開する方法でありインターネットラジオ・テレビの一種)で聞いて感動した。話のコピーだけでなく、自分の目で確かめたいとやって来ました。

その方は、「絵本では動物たちが愛する家族を失い悲しい心の内を、線のつながっていない電話で話しかけると、最後に山の上で電話が鳴り、皆の想いが天国にいる亡くなった方に届いたというストーリですが貴方もそのようにお思いですか」と尋ねられました。これは私の「風の電話」をモデルにしたお話しですが、作者のいもとさんは亡くなった方々は天国でお星さまになるというイメージで描いたと思います。私は、亡くなった人の存在をどこに感じるかは各個人が決めて良いことだと思います。お墓なのか、仏壇なのか、天国のお星さまなのか。「千の風になって」の歌では風になって大空を飛んでいるのだとしています。「貴方のすぐ傍にいるのか、各自の思いで良いのでは」と話し、「どこにいるのかが問題ではなく、無くなった方の魂がどこか身近なところにいると思うことで心が安らぎ、生きる力になればそれで良いのでは」と話すと静かに納得されていました。

又、絵本「かぜのでんわ」では愛する家族を失った動物たちと震災で亡くなった人たちがオーバーラップし悲しみを共感することができましたが、著書「風の電話」を読んで初めて風の電話立ち上げの深い意味、道徳の授業に取り入れ「命の大切さ」「生きる」ということ、悲しみだけでなくそこから再び立ち上がり、自らが持っているミッションである「何か」、「誰か」の為に生きるということがとても大切であると分かりましたと話していました。

疑問があったら確認し、理解して頂くことは著者として大変嬉しいことです。自分自身の再確認にもなります。ありがとうございます。