朝日新聞「風の電話」記事に共感する善意の方々

2020年1月7日朝日新聞夕刊に、東日本大震災以降のベルガ―ディア鯨山の活動が「風の電話」、「森の図書館」、「キッキの森」として紹介され、グリーフを抱えた方たちの癒しや、子どもたちの感性を育む場所として10年目を迎え、多くの人たちが訪れるようになった。また、24日からは映画「風の電話」が全国で公開され、さらに訪れる人が増えることが予想されると報じられました。しかし、私が体力の衰えで維持管理が難しくなっている。他人の手を借りねばとの記事に、全国の皆さんから励ましの電話や手紙、募金が届いています。 金額の多少でなく、応援してくれる気持ちが大変嬉しいです。2月15日で後期高齢者の仲間入りをしますが体が動くうちは頑張りたいと想いを新たにしています。匿名の方もいましたので、この場をお借りして皆さんにお礼をのべさして頂きます。ありがとうございます。

映画「風の電話」特別先行試写会スペシャルトークショー付き(in大槌)開催

12月18日、映画「風の電話」特別先行試写会が大槌町文化交流センター(おしゃっち)多目的ホールでありました。東日本大震災で家族を失い一人になったハルは、広島の叔母さんと暮らすことになったが、叔母さんも病気で倒れてしまいます。自分だけなぜこんな悲痛を味わなくてはならないのか?。ハルの心は、これ以上の悲しみで心を押しつぶされないよう、何を見ても何に触れても何も感じない「無感動」「無感覚」「無関心」になっていきます。

この役は、監督が彼女しかいないと抜擢しただけあり、モト―ラ世理奈さんは演技でなく地ではないのかと思えるほど適役になっています。叔母さんが倒れた後、ハルは衝動的に家を飛び出し、故郷大槌に向かう旅に出ます。途中、様々な悲しみ苦しみを抱えた人たちに出会います、皆それぞれに問題を抱え悩んでいるのは自分だけではないことを知ります。映画の中で「お前が死んだら誰が家族のことを思い出すんだ」という森尾のセリフがあります。そうです、亡くなってもその人を知る人がいる限り魂は存在すると私も思います。誰も知る人がいなくなった時点で魂は解放される、生きている人との相対的対象だと考えています。ハルは出会った人たちに背中を押され抱きしめられたりしながらようやく大槌に着きます。震災前家族と暮らし、今は基礎の後だけが残る我が家にたたずみ「ただいまー」「ただいまー」と呼びかけますが・・・返事はありません。高校生のハルにとってはつらい時が流れます。偶然に駅で会った少年が、交通事故で亡くなったお父さんと話をしに「風の電話」に行くというのでハルも一緒に行くことにし、ようやく「風の電話」にたどり着きます。

しかし、このあたりの描写が少し不自然に感じられる。一般的に私たちが何かを行ったり、見たり、聞いたりと行動を起こす前提となるのは、その対象となるものがそこにあることを知らなければなりません。それを知って初めて行って見たいとなるのではないだろうか?

秋鮭の回帰も、生まれ育った川に戻り産卵するという目的があって途中の困難に耐え故郷に帰ることが出来る。 ハルの場合、その必然性が描かれていなかった。偶然大槌駅で出会った少年について行ったという設定のためストーリーとしてのいきいき感や勢いみたいなものが不足したのではないかと感じました。

「風の電話」の癒しとその魅力は、そこを訪ねる熱意にあります。グリーフを抱え、自分の心にバリヤーを張り巡らし思考も混乱しそこから一歩も踏み出せずにいる状況から、「風の電話」のあることを知り自分も行ってみょうとする熱意にあるのです。地図にない田舎の、案内板もないわかり難い場所に途中何度も道を尋ね、ようやく辿り着く「風の電話」。どういう事かと言いますとこれは、米国の心理学会でいうところのマインドフルネス。日本の禅でいうところの瞑想状態になることを演出しています。

「風の電話」に行きたい。そして、想いのたけを伝えたいという気持ちに集中させることになります。ですから、電話で話し終えた後解放感と共に癒され救われたという感覚に満たされるのです。

諏訪監督は、旅で自分を見つめ直す。人は喪失を経験した時、それを受け止めてくれる場、信じられる「場」を求める。「旅は人の再生に欠かせない」と強調します。近年、若い人やインバウンドに四国八十八か所巡りが盛んらしいですが、自然や人と触れ合い、ただひたすら歩くことにより何か人生の道標みたいなものが見つかると言われています。ハルちゃんも旅の中で死ぬことよりも大事ななものを見つけたのでしょう。終盤の風の電話ボックスでの10分間は圧巻でした。ハルの今まで抑えていた感情が徐々にそして、静かに語られます。私たち見る側には自然の音、風の音、カエルやカモメ、虫の鳴き声が効果的に音楽の役割をはたしていました。 

この映画は見て楽しむ娯楽映画ではなく、心で感じ、映画の深部にある私たちのラジカルな問題をつかみ取ることを促している映画だと思います。 

珍客あらわる

我が家の庭、紅葉も落ち葉となり木々の根元に吹きだまり、その上を歩くと何かモコモコとした感触が伝わってきます。もう少し時間がたつと、今度は乾燥した葉がカサカサと心地よい音を立てて微塵と変わります。

そんな庭に突如としてカモシカが現れました。ここに暮らして20年になりますが3回目の遭遇になります。

体調1、5メートル、体重100キロ以上と思われる堂々たる体格の珍客です。見てくださいこのかわいい顔。怖がる様子もなく何かを食べ、口笛をヒュー、ヒュー吹き、こっちにこい、こいと手招きをすると此方を向き、何かを語りそうな表情で観ています。10分程、草や葉を食べ近くの森へ帰っていきました。これが25日午前中の出来事です。午後16時ごろ、暖炉の薪を準備をしている最中ふと空を見ると異様な雲が夕日を浴び輝いていました。

どうですか。写真ではあまり迫力は感じませんが、驚きました。大急ぎで妻を呼び、その見たこともない雲を眺めていました。何か明日はもっと楽しいことが起こりそうなわくわくした気持ちになります。

映画「風の電話」試写会を見て

映画「風の電話」完成試写会に招待され、9月25日東京中央区月島にあるブロードメディアスタジオ試写室にて、完成作品をみることができた。

上映時間は2時間19分。国内外で災害が頻発し、大切な人を失った悲しみを抱える人たちが大勢いる現代、「風の電話」をモチーフに人と人とのつながりを通して希望を与えられるという作品に仕上がっています。

特に、主人公ハルは、大槌で東日本大震災により両親と弟を亡くし、広島の叔母に預けられるが叔母さんも倒れてしまいます。自分だけがなぜこんな目に遭わなくてはならないのかと、一人悩み苦しみます。そして、広島をふらりと出て故郷の大槌を目指す途中、様々な人の悲しみに触れる中で、皆、悩みを抱え苦しんでいることを知り自分一人だけではなく、皆何かしらの悩みを抱えていることを知ります。そして、自分が強く生きなければならないことを学びます。

クライマックスは、「風の電話」を訪れなくなった家族に電話するシーンです。電話ボックスの外に吹く風が、音が木の葉を揺らし、ハルの声が天国の家族の元へ風に乗せて届けと言っているようでした。亡くなっても想いは伝えることが出来るのです。あなたに感性と想像力があれば!詳しくは、来年1月24日から劇場公開の映画を見て下さい。

どうぞよろしくお願いいたします。

写真上から試写会前に監督や俳優さんたちと一緒に記念撮影、打ち上げ会の席上で西田さんと、同じく西島さんと。この日ハルさん役のモト―ラさんは打ち上げから出席でした。

「風の電話」奄美大島との絆

去る8月31日、奄美大島から1台赤いダイヤル式の公衆電話機が届きました。1960年代に10円玉をいれてかけた電話です。今の若い人たちには分からないかと思いますが、我々年代には懐かしい代物です。

24時間テレビを観た、奄美大島の元NTT職員だった保宣夫さん、「風の電話」が被災者の精神的支えになっている取り組みを知って、自宅に保管していた電話機を、被災地のお役に立てればと連絡をしてきました。

「風の電話」は震災から8年経った今でも多くの方々が訪れ、電話ボックスで静かに逢えない人と対話を続けています。世間的には、電話ボックス内にはダイヤル式の黒電話が1台とノートがあり、電話線は何処にもつながっていないと知られています。赤い電話機ではイメージが崩れかねません。ですから、そこで断れば「そうですか」と終わってしまいます。が、私たちは震災で「絆や縁」の大切さを学びました。遠く離れた奄美との「縁」を大事にしたいと思いました。それで「頂きます」と返事をしたのです。

その後、保さんは新聞社に連絡したのだそうです。「奄美新聞」と「南海日日新聞」からこちらにも連絡があり、「本音は迷惑でないのか」とか「東日本復興支援に奄美が関係できて良かった」というお話を頂生きました。

昨年、交換した古い電話ボックスをガーデンのオブジェとして、キッキの森に置いています。神奈川から訪れた方が、「『風の電話』に来たのですが電話機がないのです」・・・・と電話をかけてきました。「すみません本物は下の方にあります。そちらをご利用ください」。おかしかったと言ったら失礼ですよね。  また、絵本「かぜのでんわ」では赤電話が描かれています。これらのこともあって、全てのことを含んだ上での「縁」であると思っています。ありがとうございました。