絵本かぜのでんわ~「風の電話」へ

先日、外国の作家の方が「風の電話」のことをポッドキャスト(インターネット上で音声や動画のデーターファイを公開する方法でありインターネットラジオ・テレビの一種)で聞いて感動した。話のコピーだけでなく、自分の目で確かめたいとやって来ました。

その方は、「絵本では動物たちが愛する家族を失い悲しい心の内を、線のつながっていない電話で話しかけると、最後に山の上で電話が鳴り、皆の想いが天国にいる亡くなった方に届いたというストーリですが貴方もそのようにお思いですか」と尋ねられました。これは私の「風の電話」をモデルにしたお話しですが、作者のいもとさんは亡くなった方々は天国でお星さまになるというイメージで描いたと思います。私は、亡くなった人の存在をどこに感じるかは各個人が決めて良いことだと思います。お墓なのか、仏壇なのか、天国のお星さまなのか。「千の風になって」の歌では風になって大空を飛んでいるのだとしています。「貴方のすぐ傍にいるのか、各自の思いで良いのでは」と話し、「どこにいるのかが問題ではなく、無くなった方の魂がどこか身近なところにいると思うことで心が安らぎ、生きる力になればそれで良いのでは」と話すと静かに納得されていました。

又、絵本「かぜのでんわ」では愛する家族を失った動物たちと震災で亡くなった人たちがオーバーラップし悲しみを共感することができましたが、著書「風の電話」を読んで初めて風の電話立ち上げの深い意味、道徳の授業に取り入れ「命の大切さ」「生きる」ということ、悲しみだけでなくそこから再び立ち上がり、自らが持っているミッションである「何か」、「誰か」の為に生きるということがとても大切であると分かりましたと話していました。

疑問があったら確認し、理解して頂くことは著者として大変嬉しいことです。自分自身の再確認にもなります。ありがとうございます。

「風の電話」ハーバード大学で授業に取り入れる

10月28日、日本テレビ「世界一受けたい授業」の中で、米ハーバード大学が2018年より、日本の文化を知るという授業で「風の電話」を取り上げ、被災地東北から学ぶ命の授業が始まることが話されていました。

ハーバードの学生は「日本人は亡くなった人との絆を大切にするから死後もつながっていたいと思う」。「死と向き合い前に進むとはどういうことなのか学びたい」と話していました。

既に、「風の電話」に関して国内では小中高の道徳の授業で独自に取り上げられ「命の大切さ」、「命の重さ」、「命を尊重するとは」どのようなことなのか、先生が子供たちと一緒になって考え、「命を粗末にしない」、「生きるとはどういうことなのか」を学んでいます。

著書「風の電話」には、それらのことが詳しく書かれてあり、ハーバードの学生また、これから自分の生き方を真剣に考える方々にとって一つのヒントになると思います。どうぞ手に取って何度も何度も読み返してください。

著書「風の電話」朗読CD化、岩手県に依頼される

去る、10月13日公開した「釜石視覚障がい者福祉協議会ベルガ―ディア鯨山に集う」で紹介しました中の一人、幹事役の小笠原さんから電話連絡がありました。「今回の会はとても楽しかった。今までのただ説明されるだけでは良く解らなかったことが、今回はいろいろ比較して頂き違いが理解できましたありがとうございました。それから、今日中村会長から岩手県の担当課に風の電話の本を送り朗読CD化をお願いしました」と云う内容でした。

彼らたちの気持ちに寄り添うことができ私もうれしくなりました。それにしても私の著書「風の電話」が朗読CD化されることにより、より多くの方々にベルガ―ディア鯨山での活動が理解され、誰にとっても優しい社会になればいいと思っています。

優しさとは、耳の聞こえない者も聞くことができ、目の見えない者も見ることができる言葉なんだ(マーク・トウエン)

釜石視覚障がい者福祉協会の皆さん、ベルガ―ディア鯨山につどう

10月8日、前日の雨も上がり絶好のスポーツ日和となった。今回の集いの名目は障がい者スポーツ大会だがベルガ―ディア鯨山を散策することで良いのだというので引き受けたのであった。

初めてのことであり何をやって半日を楽しく過ごすか考えた。視覚障 がいはあるが他の聞く、触れる、嗅ぐ、味わう感覚は健常者と変わらない。そう考えると様々な遊びが出来るはず他所では出来ない遊び、楽しみとして「風の電話」CDを聴いてもらう、風の電話をを利用してみる、小川のせせらぎや、小鳥の囀り、風の音を敏感な聴力で聞いてもらう。触れる感触としては芝生の感触,苔の感触、落ち葉の感触をガーデンを歩いて確かめる。匂いを嗅ぐ体験では薔薇の種類による香りの違い、ハーブやコニファーの香りや香りの強弱、甘さか、スパイシーな香りかの違い。味わう体験ではコーヒーとケーキに甘がき、イチジクの実を食べハーティーを飲んでそれぞれの味を楽しむというメニューを障がい者も介助者も全員で体験した。

特に、苔の上を歩く体験はまるで絨毯の感触を感じさせル驚きだった。匂いに関しては敏感に反応し我々が感じる以上の微妙な違いを嗅ぎ分けていた。

視覚障がい者も先天的か後天的かで点字翻訳の理解度が異なり又、想像できる度合いが大きく違うことは如何ともしがたいことである。最近では、点字本よりも朗読したものをPCで聞くことが多いと話していました。それでも聞いていると途中で眠ってしまうのでそんな時は点字本の方が良いのだとも話しています。

わずか半日程の短い時間でしたが、皆さんに大変喜んでいただけたことはこれからのベルガ―ディア鯨山の活動に新たなページを加えるものと思われます。

ベルガ―ディア鯨山のコンセプトである「何時でも、誰でも」時間の許す限り皆さんと共にありたいと思っています。

絵本「かぜのでんわ」点字翻訳本 寄贈される

去る9月6日、青森県より八戸聖ウルスラ学院中学校副校長 津田健三夫妻がベルガ―ディア鯨山を訪れました。奥さんの圀子さんは普通学校の教師をしていましたがある年、盲学校に転勤願を出し2年程盲学校で教鞭をとっていました。 その間、点字を猛勉強したといいます。その後、普通学校に戻り年満退職を迎えました。

絵本「かぜのでんわ」が14年に出版された時から点字翻訳を思い立ち、何度も失敗しながらようやく完成させました。その点字絵本を森の図書館に寄贈したいと八戸から列車を乗り継ぎ4時間以上もかけ届けたのでした。

圀子さんは、「盲の子供たちは非常に精神力が強い」と自らの体験を話していました。穏やかな津田ご夫妻との語らいは楽しく、心癒されるものがありました。

線のつながっていない「風の電話」が多くの人々の想いの中でつながっていると思える時が良くあります。9月19日、釜石市の視覚障がい者の小笠原さん(1年ほど前に訪れる)より電話があり、10月8日に視覚障がい者のイベントとしてガーデン内の散策を実施したいという連絡をいただいた。当日は、「視覚障がい者10名と付き添いの健常者10名の計20名で行きます」と言い、点字本の絵本「かぜのでんわ」の話をすると「自分で読むのをとても楽しみにしている」と話していました。

当日は誰と、どんな出会いになるのか楽しみにしています。尚、出会いに関心をお持ちの方はどなたでも参加し楽しんでいただきたいと思います。