「風の電話」本になる

著書 「風の電話」 大震災から6年、風の電話を通して見えること。

「風の電話」は何故つくられ 何を見聞きし 何を考え そして何処へつながっていくのか。

「風の電話」は、今日まで多くのメディアに取り上げられ紹介されてきましたが、いづれの記述、映像も一部の側面の紹介に終わっているという思いがありました。その為、報道内容にはいつも「違うんだよなー」という不満をを感じていた。また、誤った認識のまま「風の電話」を訪ねたり、オファーを出してくるメディア関係者も多くあった。このままではいけないと執筆を始めて1年、ようやく出版することができました。

電話線が何処にもつながっていない風の電話に、6年間で25,000人もの人達はそこで何をしていたのでしょうか・・・・・皆さん電話をかけているのです。遺族と亡くなった人の思いをつなぐ「風の電話」のなりたちから現在までの活動をありのまま伝えなければという思いで執筆しました。

本書 推薦者の矢永先生(慶應義塾大学 臨床心理士)は、「長年大切な人を亡くした遺族の気持ちに携わる心理職の仕事をしてきたが、『風の電話』に立った時、言いようのない深い感動が心の底から湧き上がってくるのを感じていた」と証言しています。

それらの感動は何処から来るものなのか、何故「風の電話」で癒されたと感じるのか、それが何故グリーフワークを抜け出すことにつながるのか本書は1つの答えを示唆してくれると思います。何故「風の電話」なのかと疑問をお持ちの方、是非いちど手に取って読んで頂きたいと思います。

大槌の一頁堂さんでは既に販売していますが、全国の本屋さんでの販売はお盆明け、8月24日ごろになります。

風の電話に音楽を置いていく

岐阜県のカメラマン三浦さんがベルガ―ディア鯨山を訪れました。大船渡の子供園に「ハロウィーン柿」を柿農家の方と届けるために来たのです。

そして、ご一緒に来たのがアルパ奏者の奥村陽子さんでした。石巻のコンサートに名古屋から来て、終了後、どうしても「風の電話」に行って震災で亡くなられた方々に音楽を”置いていきたかった”と言います。

私も初めて耳にするパラグアイの楽器で、日本には3人の奏者しかいないそうです。それにしても「音楽を置いていく」とはこれまた初めて聞く言葉で聞き返したほどでした。

アルパの音色はハープとよく似ていると感じました。涙を浮かべての演奏どんな人生を歩んできたのでしょうか?

今まで「風の電話」の前で演奏したのは、ヴァイオリンの松本克己さんと2人目ですが、スピリチュアルな雰囲気と相まって、いずれもなかなか良いものです。

「風の電話」への応援ありがとうございます

2016年2月11日「報道ステーション時の実況画像です。

3月6日宮城学園女子大学での「語り継ぎ」竹下景子さんの朗読「風の電話」も震災を忘れないでと言う想いが世界に伝わったとおもいます。又、3月10日の「NHKスペシャル」も放映後たくさんの方々から感動した、続けて欲しいと言う励ましのメール、手紙を全国の皆さんから頂いております。こちらの方が感動する内容のものばかりです。

3月12日水戸市総合福祉会館でのNPO法人ポルターモの「未来への一歩~人と人のつながり心と心のつながり~」。震災から5年・・・復興への想いを語りと音楽でつぐむコンサートは、被災者の皆さんを決して忘れない、更に、「生」を受けた全てのものが、未来への第一歩を踏み出せるようにとした想いを歌と語りで表現したものです。

悲しみ、苦しみをそこでとどまらせずに乗り越えていくには、何でも良いから自分の意志でそれを実行してみることです。自分の意志で「風の電話」に来るのも良いでしょう。来たいと思うことこそグリーフから抜け出す一歩になり、意識の向け替えが可能となり未来を見ることができると考えます。ポルターモの活動にもそれが強く感じられました。今後、益々良いステージを期待しています。

大震災から5年を経て、「風の電話」を訪れる方々の想いも変化が感じられます。

一日でも早い意識の向け替えができることを祈念しています。

風の電話をテーマに各地で催し

皆さん今日は、しばらくぶりですが元気に活動していましたか?。私は昨年の12月体調を崩し休養を取らざるを得ませんでした。もうだいぶ良くなっていますのでご安心下さい。

さて、3月11日で東日本大震災から丸5年目を迎えますが,未だに19万人以上の人が避難所生活を余儀なくされています。

オーストラリアの精神科医ビバリー・ラファエルは、その著書「災害が襲うとき」の中で災害の被災者にとって「忘れ去られる」ことが最大の危機であると言っています。被災者のなかにはまだ忘れ去られるべきでない生活を送っている人達が大勢います。その人達に今一度想いをかけ、想いをはせていただきたいものです。

一方、忘れないで皆さんに寄り添っていますと言う活動も各地で企画されています。

「風の電話」関連でご紹介しますと、3月6日宮城学院女子大学にて、東北大学災害科学国際研究所/宮城学院女子大学/かたりつぎ仙台実行委員会/復興支援コンサート実行委員会主催の「かたりつぎ」朗読と音楽の夕べ。

3月12日茨城県総合福祉会館コミュニティホールにてNPO法人ポルターモ主催による復興への想いを語りと音楽でつむぐコンサート。

3月10日NHKスペシャルにて「風の電話」午後10時から放送。

などが有ります。お近くと時間がある方は是非ご覧下さい。

絵本「かぜのでんわ」が発行される

絵本作家のいもと ようこさんの本といえば、多くの方が一度や二度子供に読んであげたか、子供のとき読んでもらったことがあると思います。

その、いもとさんが金の星社の編集者を通じて、「風の電話」の絵本を出版したいと承諾を求めてきたのが昨年の6月25日。それから7ヶ月半、その間、原稿を2回見せていただいきました。そして今月、2月14日に「発刊されたので送ります」との連絡をもらいました。

15日の午前中、当日は、大雪警報が出ているにもかかわらず、必ず荷物は届くものと待っていました。待ちに待った作品がようやく届き早速開けてみた。なんともいわれぬ新しい本の匂いと共に「風の電話」が約3年の歳月を経て、絵本という形になったという感動が湧き上がってきました。

大切なひとを亡くしたり、あるいは会えなくなったひとに想いを伝えるという目に見えない、耳には聞こえないものも心のインフラとして必要なのだとする私の思いを理解し、絵本という形にしていただいたいもとさんと金の星社また、編集者の斉藤さん、全国の「風の電話」に共感していただいている皆様に心から感謝いたします。

なお、絵本「かぜのでんわ」の原画展を次のとおり、ベルガーディア鯨山「森の図書館」で開催します。いもと ようこさんの貴重な原画を見ることのできる、またとない機会です。ぜひ足をお運びください。


 

『かぜのでんわ』絵本原画展のお知らせ

開催期間: 2014年4月20日(日)~5月18日(日)
開館時間: 10時~16時(月曜休館)
入場料 : 無料