「キッキの森」に連日歓声ひびく

「キッキの森」に連日歓声が響いています。

7月28日、神奈川県より小清水さんとその仲間15人をはじめ、町職員林さんグループ、釜石から母親とこどもグループ、大分、高知、盛岡より婦人の友グループ、等30数人が又、8月1日には東京都恵泉女学園大学の皆さんと地元のこどもたち26人と、山田より若いカップルが訪れ梅雨の合間のひと時を楽しみました。

キッキの森であそぶ

去る7月20日、ベルガーディア鯨山の「キッキの森」に、子供、大人40数名が集まりました。NPOワーカーズコープが主催で「みんなのあそび場」ということで子供達に遊び場を提供するという主旨で集まった人達です。

ベルガーディアでは、「森の図書館」にきた子供達が、森の自然を相手に自由に遊べるようにブランコ、ターザンロープ、モンキーブリッジ、滑車ロープ、ツリーハウス(ふくろうの家)等を整備してきました。特に滑車ロープは、当初綿ロープを張ったのですがたるみが大きく実用的ではなかった。しかし町役場に、東京都から派遣職員としてきている林さんの協力でワイヤーロープに替えることが出来、はじめて子供も大人も楽しめる滑車ロープになった。そしてこれは度胸とスリルの要求を満たす遊びの主役になっています。

これからも森の木とロープを使ったエレベーターロープ、見晴台などを計画していますので益々おもしろい冒険、創造空間になっていくものと思います。自分でもわくわくしています。

一関一高生30名「森の図書館」に!

7月8日快晴に恵まれた山道を、大型バスから降りた一高生の一団がベルガーディアにやってきました。図書活動の一環として、毎年各地の図書館をまわっているとの事。

今までは、公立の立派な図書館ばかりでしたが「たまには手作りの小さな図書館もいいか」といったところでしょうか森の図書館を訪れた。

当日は、カフェや、バー、病院にお寺まで。一角に本棚を置き、立ち寄る人に本を寄贈してもらう登録すれば誰でも借りられる。そんな図書コーナー「まちライブラリー」の提唱者である磯井 純光さんが見えられており、生徒達に本が人と人を結びつけると言うお話をしていただきました。非常にタイミング良く、生徒達にとっても有意義な活動になったのではないでしょうか。

ツリーハウス魂入れをする。

12月22日、ツリーハウス作りに多大な協力をいただいた、隣組のおじさんたちとハウスで一杯呑むことにした。当日は、急な呼びかけにもかかわらず4人が集まった。

ハウスには電気は引くつもりがないのでランプとローソクの明かりだけでの生活となる。狭い部屋の薪ストーブに火を入れると、外は氷点下の気温だったが24、5度まで室温が上がり、皆1枚、1枚と服を脱ぐほどだった。

話題は、高台移転から公営住宅、大震災による津波からせっかく逃れたのに三陸縦貫道建設による立ち退きしなければならない道路行政の理不尽さ。遠野物語からカッパの話には、貧しかった農村の食い扶持を減らす為の止むにやまれぬ悲しい現実が背景にあるという。自分達が子供の頃は山で小屋作りなどは良くやっていたが今時の子供達の遊びは?等等。いい親父達が「大人の遊び」と称して童心に返ったひと時だった。

ツリーハウスにダルマストーブ、いいね!!

ツリーハウスに泊まってみようと思っているが、今朝の気温が3℃では風邪を引きに泊まるようなももの。2、3日前からストーブを入れようと煙突工事をやっていた、当初考えていたのは鋼板製の角ストーブだったが、センスに欠けると思い直しダルマストーブの中古を探していた。

近所の友人に話したところ「あるが 持っていけ」ということになり早速運び込んだ。すぐに煙突を接続し薪を焚いてみた、ものの数分で暖かさが部屋に充満した。製能面といいアンティークな雰囲気といい申し分ない。これは正にいい物だ、これがあれば泊まることも問題ない。今度は銅製のやかんをかけ湯を沸かしてみた、これもまた実にいい!