「「風の電話」は感性と想像力の産物

今の世の中は効率を重視するあまり、結論を早く出そうとする傾向にあるのではないでしょうか。目に見えるもの、耳に聞こえるものだけに価値を置き、それを基準に結論付ける傾向が見受けられます。                 しかし、目を閉じ耳を塞ぎ想像力を働かせると、見えないものも観え、聞こえないものも聴こえてきます。自分の考え方が心にはっきりと見えてきます。   現代人のように豊富な知識と技術の発達している時代だからこそ、感性を磨き「心で観る、心で聴く」ことが大切になつているのではないでしょうか。   本当に大事なものは何か、本当に必要なものは何か、本当に伝えていかなければならないものは何か、想像力を働かせ多方面から物事を考えることでその本質が見えてくること、「風の電話」を通して感性を育み、想像力を育てることの大切さを考えています。

 

「風の電話」の公共性

2019年9月、「風の電話」を含む周囲の環境が第4回国際パブリックアート賞を受賞しました。(パブリックアートとは、公共空間の芸術作品のことを言います。世界を7ブロックに分けそれぞれのブロックで受賞作品が決まる。昨年の表賞会場は北京大学でした。)

「風の電話」のあるベルガ―ディア鯨山は、何時でも誰でも利用できますが、公共空間と云いましても駅や空港のような全開訪的な場所とは異なり、ある種の制約が内在するものと考えています。

それは、「風の電話」自体が何らかの喪失感を抱えた方々が対象であり、想いを伝える間もなく会えなくなった人に想いを伝え、心の重荷を軽減し再び生きようと意識の向け換えを望む方々が訪れるところだと思っているからです。そして、その方々が「風の電話」という「場」の力を体験することにより本来持っているご自身の生命力を取り戻し、自分が主体的に行動することを促していく処なのだと考えています。従って、観光客やその他の人たちの利用は、喪失感を抱えた方々への共感や、「生と死」について考えを巡らせる機会にはなったとしても、一般的には”遊び”の要素が強くその場にいて欲しくない存在なのです。

グリーフを抱えた人たちの心情として、自分の悲しむ姿を他人に見られたくない、哀れみを受けたくない、同情されたくないという心理が働きます。それを無視した「何時でも誰でも」であっては本来必要とされる人たちは避けるような傾向になるでしょう。「風の電話」はそうならないように観光情報を制限したり、電話ボックスの場所、配置、環境等々細心の注意を払い運営されています。

「風の電話」の公共性とは、目を閉じ耳を塞ぎ想像力を働かせ、各自が考えて判断していただくことなのだと思います。

「風の電話」癒しと再生への論理

「風の電話」が何故に癒しと、生命力の回復につながるのかという皆さんの疑問について、私は次のように考えています。

大切な人、愛する人を亡くした時、皆さんも含め世界中の誰もがその喪失感に悲しみを味わいます。これは何時の時代でも、どこの国でも変わらず同じように悲しみを抱えるという普遍的な感情であり、一つの法則みたいなものがあると考えています。

それは、人は皆「人生という物語を生きている」のだと言うことができます。

人は皆人生に夢とか希望を持って生きています。そして、それらを実現することに努力し感動もします。しかし、実現するまでの間それは夢であって現実ではありません。と云う事は、フィクション、作り話なのです。虚構です。ですから物語なのです。

物語の途中でそれを構成しているメンバーが亡くなり欠けてしまうと物語が続かなくなります。夢も希望もストップしてしまい絶望感を感じます。また、大切な人が亡くなることは、「人は他人によって生かされている」という概念から、自己存在の意義が失われ人生に虚しさを味わいます。従って、癒しには新しい自己存在の関係を見つけることが必要となります。それには、感性と想像力で新たな人生の物語を紡ぎ直す作業が必要です。

人間には、失われたものを回復させようとする精神の営みがあり、癒しには再会できる、再びつながれるという物語が必要となります。「風の電話」による自問自答は、それまでの物語の振り返りと新しい物語の創出に繋がります。つまり、線のつながっていない電話で自分自身に語りかけることは断ち切られた日々を一瞬でも取り戻すことになり、何が悲しいのか、何が辛いのか、何が苦しいのか自分の思考を整理することになります。いわば自己の発見であり、自己意識が言葉という形で現れることになり、遺された人は物語の新たな展開を意識しなければならず、それが生きる力を生み出し、絶望から希望へと意識の向け換えを促し、悲しみを抱えながらも新しい人生を生きるという再生につながっていると考えます。

絶滅危惧植物山椒バラの花

我が家の山椒バラの花。今年も6月初めに咲き始め、1週間程で花が終わってしまいました。この花は1日花で翌日には散ってしまいます。5㎝程の薄ピンクの花で陽の当たる方だけ咲いています。名前が示すように、葉が山椒とそっくりです。棘は数量、長さともに恐ろしいぐらいです。大分大きくなりすぎ(3mぐらい)剪定をしなければと思っています。

箱根、富士地方周辺に自生しているそうです。しかし、環境省レッドリストで絶滅危惧種に指定され保護されています。花言葉は「温かい心」

自然の生活リズムを取り戻す

日本三鳴鳥のひとつとされるクロツグミです。               朝5時30分、晴天が続き気持ちのいい朝です。今日は久しぶりに小鳥のさえずりを聴くかと補聴器を耳に、手にはお茶をたっぷり入れた茶碗を持ち庭に出た。日の出が嬉しいのは人間だけでなく、小鳥も樹木も草花も、すべての生きものは皆同じ思いでいるのだろう。様々な小鳥の喜びの声が一斉に聴こえてきた。 最初に聞こえてきたのがこのクロツグミの鳴き声だ。キョキョキョ,チョキンチョキンと聴こえるが、ものの本によるとキョロン、ピョロン、チョピリリ と鳴いているのだそうだ。

日本の他に中国の一部でのみ繁殖し、東南アジアで越冬するが、密漁と森林伐採で近年激減している。いずれ日本の山から消えてしまうのではと危惧されている。そのクロツグミが庭の芝生に来て何かをついばんでいた。今までは良い声で鳴く小鳥だとは思っていたが姿を見るのは初めてで、全体が黒く、腹部は白いまだら模様、くちばしと足が黄色と”地味お洒落”といった感じだ。今の時期、天気の良い日は一日中そのいい声を聴くことが出来ます。

昨年の五月、「キッキの森」の杉伐採と抜根で露出した石の処理をどうしょうかか考えていた。庭木の剪定が終わり、ジャガイモの植え付けも済んだところで石の処理として石垣積みをする事にした。手持ちのユンボは小型のため大きな石は吊れなく今あるところで活かすことにした。最終的に石垣を1、2mの高さに積み上げ、坂道を脇に造り車でも上がれるようにした。そして、そのコーナに動かせない石のテーブルと石の椅子を配置した。

昨年植えた桜が5年も経てば、その石のテーブルを囲んで花見ができるようになると思う・・・。生きる楽しみがまた増えた。

我が家の菜園、ジャガイモ畑、畝の一番手前は枝豆、次の一畝はニンジン、そして次の二畝は大根、ジャガイモ十二畝、ネギ、また枝豆、奥にはインゲン、モロッコ、ナス、キュウリ、トマト、ピーマン、唐辛子、カボチャ等々。そして、ハウスでは夕顔、メロン、スイカ、トマト、ナス、キュウリ、パセリ等。

今年は新型コロナウイルス騒ぎで、3月には「風の電話音楽祭」を延期決定をした、以後政府の緊急事態宣言による外出自粛となり、「風の電話」を訪れる人も僅かとなった。9年振りの静かな日々であり、ここに入植した当時の自然のリズムでの生活を取り戻すことが出来ている。国連では2030年に向けて、持続可能な開発目標とされているSDGsで17項目を策定し誰一人も取り残すことなく、より幸せに生活できるようにするとしている。その中の一つ気候変動対策のみならず熱帯雨林の破壊という環境問題が今回のコロナウィルス禍を生み出していると考えられていることにも目をむけ、「熱対雨林の保護」を通し野生動物が人の生活圏に入らない棲み分けをし動物由来の感染症を防ぐ追加の必要があると思う。

現代は科学技術が発達して何でもできるようになったが、この自然界にはまだまだ分からないことも沢山あると思われる。自然に対してあくまでも謙虚であり、征服してやろうとはゆめゆめ思わない事だ。ドイツのクラインガルテン、ロシアのダーチャ、フィンランドのモッキ,イギリスのアロット、スェーデンのコロニー、デンマークのコロニ・ヘーブ等々の休日農園、市民農園が今こそ日本の生き苦しい社会にとって必要であり、自然に親しみ共存する生活こそがコロナ禍後の新しいライフスタイルになるのではないだろうか。そして自然のサイクルのリズムに身を任せる時感謝と安らぎを得ることが出来るのだと思う。