「宮沢賢治三陸旅の謎」朗読会開催

大槌宮沢賢治研究会では昨年11月、花巻市宮沢賢治イーハトーブ館にて、「宮沢賢治没後90年三陸海岸旅の謎」と題して、物語の朗読と旅の途中に詠んだ7編の詩の朗読会を催しました。   この三陸の旅は、賢治が花巻農学校教師を退職する前年の冬休みを利用した旅で非常に謎の多い旅であるとされ、多くの研究者が様々な説を発表していますが未だに不明な点も多い現状にあります。それまでの賢治は、文学者であり詩や童話、短歌や物語の創作者でした。しかし、それらは皆フィクションであり、作り話です。いわば虚構です。その虚構の創作者から、農業の実践者になる、一人の百姓になるという、賢治の人生の大転換を図る前の年の旅であり、自分と向き合い、自分の気持ちを確かめる旅でもあったと思われます。決して後世の人に謎を残す旅ではないのです。それは、賢治の周囲に対する思慮深い配慮、ち密な計画性を考慮するならばごく当たり前の行動であり、後世の人たちが謎と考えることを不思議に思っているのではないでしょうか。一度聞いてみたいものです。                       私は、文学者でも学術研究者でもありませんから難しいことは分かりません。皆さんと同じ市井の人間ですが、三陸の地元で暮らす者として、地元の者でなければ分からない知見を基に謎に迫ってみました。                       この検証は、あくまでも当時の賢治の気持ちに寄り添い、同じ方向を向いて行ったものであり、賢治の苦悩に共感できるからこそ適切な考察ができ、没後90年にして三陸の旅における賢治の普通の行動が明らかになったと考えています。               この朗読会が契機となり、花巻の地に賢治の人生大転換時に詠んだ「異途への出発」の詩碑建立の機運が高まり、実現されることを祈念するものです。今年は、5月26日PM1時30分から遠野市駅前内田書店2階にて開催いたします。どうぞ参加をよろしくお願い します。

 

「風の電話」によるグリーフケア体験型セミナー終了 

新緑がまばゆい29日の午後、第1回「風の電話」によるグリーフケアが開催されました。

今回のセミナーは、グリーフを抱えた方のケアーをどのようにしたらいいのかと言うよりも、喪失を経験した時どうすればグリーフを軽減できるか、ということにフォーカスしたセミナーであった。私が体験したり、また「風の電話」を訪れた方々と話をする中で感じることは、大切な人を失った場合でもその受け止め方は一様ではなく、一人一人それまでの生活環境により個人差が大きいと感じていました。この個人差は、私たち一人一人に「心」があるからだと考えています。

「心」の対応には、まず「心」とは何か知る必要があります。傷ついた心を癒すためには、その実態を知らなくては対応は難しいと考えています。これには、「心」を概念として抽象的に扱うのではなく、身近な言葉に置き換え現実的に対応しなければならないと考えています。私は心=生命力(エネルギー)と捉えている。

次に、ある日突然の命や健康に異変が生じても、冷静に向き合えるように準備しておかなければならないと考えています。これには、「事前復興」という言葉があるように、またスポーツにおける練習と同様、個人の人生及び社会生活においても予め訓練とか予習が大切だと考えています。

これを裏付けるものとして、ユニセフの世界の国の幸福度調査から見られるように、日本人の自尊感情、自己肯定感の意識の低さが喪失を抱えた時、グリーフを深刻化させ長引かせていると考えています。これには、小学校からの道徳教育、社会人になってからの死の話をタブー視することなく、死は生の延長線上にあり共存しているものなのだとする意識が大事になります。そして、自分自身の生き方を見直すキッカケは多くのことから ”気づき”を得て自分で変わらなければと考えます。生き方の見直すキッカケは何時でも、何事かある時、また見たり聞いたりする時、自分自身の目の前を横切ります。それを捕まえて自分の活力にするか、横目でやり過ごしてしまうかは自身の普段の感性と心構え(意欲)にあると結ぶセミナーでした。

「風の電話」によるグリーフケア(体験型)セミナーの開催

表記の件についてお知らせいたします。グリーフを抱えている方臨床心理士を目指している方、その他寄り添いについて学びたい方などの参加を対象としています。

災害や事故、病気や自死等で、愛する人を亡くし悲しみ苦しみを抱え絶望する時「心の復興」はどうすれば出来るのでしょうか。

私たち人間にも、目には見えない生命力があります。生命力は生きる力、元気であるのみでなく心そのものです。悲しみ苦しみに絶望する時、生命力は低下すると考えます。低下した生命力=心の状態を元の前向きで明るくやる気に満ちた姿に戻すことが「心の復興」と考えています。

私は「風の電話」と言う電話線のつながっていない電話で、心に傷を負った人たちの「心の復興」に寄り添い出来るよう環境を整え、何時でも誰でも静かに待っています。

日 時:2024年4月29日(月・祝)13:30〜16:30(終了後、懇親会あり)

会 場:大槌町吉里々々9-36-9 ベルガーディア鯨山

定 員:20名

参加費:5,000円

お申込み:☎︎0193-44-2544 または 下記の申し込みフォームに入力


*入力必須


    心をリラックスさせよう

    人には他人から良く思われたいというエゴがあります。人から何か批判されると、それを受け止められずに、傷ついたり、落ち込んだりします。

    それらはすべて、自分の心が苦しみを生み出していると言えます。あなたの心が苦しみを拾っているのです。批判を否定的にとらえ、苦しいものとして受け取っているのは、それらに価値を与えているあなたの心なのです。

    ある人から意地悪されたから苦しいのではなく、あなたがその時、そこにこだわり「ああ困った」とか「ああ嫌だ」と否定的に捉えてしまうところに苦しみを抱える原因があると考えてください。

    ストレスもそうです。原因はいろいろですが、実は自分の勝手な思い込みが原因となっていることがほどんとなのです。何かを期待して思い通りにならないことからくるイライラや、自分がこれだけやっているのにという被害者意識などがそうです。

    世の中は、自分一人で生きているのではなく人と人、人と自然など様々なものが皆関連しあって生きていますから、自分の思う通りに行かないことが当たり前と考え、心をリラックスさせましょう。

    豊かな人生とは?

     

    都会に長いこと暮らし、仕事のリタィアを機に田舎暮らしを始める方はたまにある。私は、田舎暮らしの魅力を時間に捕らわれず手間、暇をかけることを楽しむ生活だと考え実践しています。

    ヒト、モノ、カネ,ジカンをいかに効率的に使い、収益を上げるという考えは企業組織の考えであり、一個人の生活が同じように効率優先で営まれていることが「豊かさの実感がない」という人が増えている一つの原因ではないかと考えている。勿論、給料がこの30年上がらず逆に実質賃金が下がっているという問題もあるのだが・・・。

    しかし、単的に言って現代では必要なものはお金を出せば何でも手に入り、お金さえ出せばすべて他人がやってくれます。自分は体ひとつ動かさず、汗のひとつもかく必要がない。このような生活は何かを求めるという目的は同じであってもそのプロセスが全く異なる。特に、自分自身の時間の経過における歴史がないから、その間に起きるだろう様々な苦労も問題もない。従って、それらを解決しょとする努力も必要としない。その結果として、身体の内から湧き上がってくるであろう感動のない日常生活にならざるを得ない。人は生きる上で「感動、感激を感じて生きる」ことが大切であり、それが人生を豊かにすると考えているがどうでしょうか。詳細は拙著「風の電話」シリーズを一読してください。きっと何かを感じ取ることができるでしょう。